2021年1月2日土曜日

合羽橋本通り商店街に灯る街路灯 影絵「七夕物語」第六章

あけましておめでとうございます。


暮れからご紹介している合羽橋本通り商和会街路灯の第六章です。

場所は松が谷二丁目交差点と東上野五丁目の区間になります。

上野学園方面へ進むとき、スカイツリー方面に向かうとき、進行方向に向かって左側の歩道を歩くと、物語が第一章から第六章に流れるように配置されています。


第六章

悲しみに暮れる織姫と彦星を哀れに思った天帝は年に一度だけ会うことを許します。

雨で天の川が渡れない時には幾千のカササギを遣わして橋をかけてくれるのだそうです。



落成

第一章〜第三章

第四章〜第五章

*画像の転用をお断りいたします。


今年はどんなことが待っているでしょうか。

大事に歩む年でありたいです。

どうぞ健やかにお過ごしください。

2020年12月31日木曜日

合羽橋本通り商店街に灯る街路灯 影絵「七夕物語」第四章〜第五章

 大晦日になりました。

みなさまが健やかに無事にこれからを過ごせますように。


今日は合羽橋本通り「下町七夕まつり」にちなんで

七夕物語りで展開される商和会の街路灯より、第四章と第五章をご紹介します。

場所:合羽橋本通り 松が谷二丁目交差点と東上野五丁目交差点の区間

(画像の転用はお断りします。)

街路灯の落成

第一章〜第三章

第四章

互いを思うあまり働くことを忘れてしまった織姫と彦星

見かねた天帝の怒りに触れます


第五章

突然引き裂かれ悲しみに暮れる織姫と彦星




ひとつの街路灯から次の街路灯の距離は10m程度あります。
移動する合間に物語りの合間を思い描いてみてください。

第六章


2020年12月30日水曜日

合羽橋本通り商店街に灯る街路灯 影絵「七夕物語」第一章〜第三章

合羽橋本通りの「下町七夕まつり」にちなんで

七夕物語で展開される商和会の街路灯より第一章から第三章をご紹介します。

(写真の転用はお断りいたします。)


第一章

星の雲から七色の糸を紡ぎ美しい衣を織る織姫


第二章

働き者の牛飼い彦星


第三章

織姫の父君である天帝の引合せで出逢い恋に落ちる織姫と彦星


物語りを追いながらゆっくり歩いてみてください。

場所:合羽橋本通り 松が谷二丁目交差点と東上野五丁目交差点の区間



街路灯の落成

第四章と第五章

第六章